2018 23 Jul

Amazonの「あわせ買い」で低価格商品も送料無料に!日用品などもお得に購入しよう!

Amazonで、日用品など普段の暮らしで使うものを購入したいと思ったことはありませんか?

日用品も、Amazonでは割安な価格で提供してくれるので、少しでも経済的な利用をしたいという方には、おすすめです。

ただ、低価格の日用品などを購入する時には、2,000円に満たないこともあるので、返って送料の負担分が割高になってしまうのが困ると思われますよね?

Amazonには、あわせ買いという方法があるのをご存じですか?

買い物の条件を満たせば、あわせ買いが適用されるようになるので、送料の負担をしなくて済むようになります。

これまで、低価格の商品は、購入したいと思っていたけれどなかなか踏み切れなかったという方も、今回は、Amazonのあわせ買いを活用する方法を説明して行きますので、ぜひ、参考になさってみませんか?

 

 

Amazonのあわせ買いはどんなもの?

Amazonにはありとあらゆる商品が揃っていますが、低価格の日用品などを購入する場合には、2,000円以下だと送料がかかってしまうので、割高になってしまいますよね?

けれど、日用品というのは毎日使い続けるものだけに、少しでもコストを抑えたいという方がほとんどでしょう。

確かに、ドラッグストアなどでその都度、セール商品から買い求めるのも、一つの節約方法になります。

 

でも、手間を考えた時に、Amazonで日用品など比較的低価格のものをストックしておくのも、人によっては返ってお店で探すよりも楽です。

 

 

楽だけれど、コストも重視したいという方なら、Amazonのあわせ買いを使ってみませんか?

Amazonでは、あわせ買い対象商品」と表示されているものが多数あります。

詳しい説明は、この後で行いますがあわせ買いを活用すれば、いくつかのメリットを得られます。

 

  • 送料の負担をゼロにする
  • あわせ買いで低価格商品を組み合わせ選びやすくなる
  • 日用品をストックして置けるので手間や時間もかけなくて済む

 

 

Amazonであわせ買いの商品を探す方法

まず、Amazonの検索窓で「あわせ買い」と入力していくと「すべてのカテゴリー」「ドラックストア」「人気」「食品」などの候補まで表示されます。

 

 

ここから、お目当ての商品を探して行くとたどり着きやすくなります。

低価格の日用品は、普段の暮らしの中で次から次へとストックをしておく手間がかかるものです。

Amazonではカテゴリー別にあわせ買い対象商品のラインナップがあるので、ネットショッピングでまとめて購入しておけば、足りない時になって買い物へ出かける手間も時間も減らすことができるようになります。

特に、忙しい子育て世代の方、仕事で多忙な方などにはおすすめ。

 

実際の店舗で探す時の方が、返って時間がかかることだってありますが、Amazonならカテゴリーからでも商品名からでもすぐに探せるので、無駄を省くことができますよ。

 

あわせ買いで購入するには?

あわせ買いの対象商品を購入する時に、以下の2つの組み合わせであれば、適用されます。

 

商品を見て「あわせ買い対象」と書かれていれば、対象となります。

 

この対象商品とAmazon.co.jp が発送する商品と合わせて、その合計金額が2,000円(税込)以上になるように購入します。

 

ですので、以下のようなパターンでも適用されます。

 

  • あわせ買い対象商品のみ
  • あわせ買い対象商品その他のAmazon.co.jp が発送する商品

 

これまで低価格の商品でもAmazonで購入する時に送料の負担が気になっていたという方も、あわせ買いを活用すれば、買い求めやすくなるわけですね。

 

 

Amazonであわせ買い対象商品を注文する際の注意

あわせ買い対象商品を購入する時の注意点として、あわせ買い対象商品をそれ一つだけ単品での注文はできません

あくまでも、対象商品を複数組み合わせる場合か、対象商品その他のAmazon.co.jp が発送する商品を組み合わせた場合です。

 

 

定期おトク便なら、同じ商品でもAmazonの通常価格よりも割引された価格で定期的に配送してもらえるようになります。

しかし、始めから定期おトク便を申込むのには、抵抗があるということもあるでしょう。

使用頻度や消耗している目安の想定ができない商品も、実際にあります。

そんな時でも、あわせ買い対象商品として購入しておくのであれば、抵抗感なく購入できるようになりますね!

実際に、購入してみて定期的に使うものだと感じるものであれば、その時に、定期おトク便を申込んでも大丈夫ですよ。

 

 

Amazonであわせ買いをする時、2,000円未満の場合…

Amazonであわせ買いをしようと、注文を進めている時に、商品の合計金額が2,000円未満の場合には、まだ「レジに進む」のボタンが表示されません

これは、購入者にとってもうっかり間違えて注文を完了させることも避けられるので、便利な機能だといえるでしょう。

この時、「お買い物を続ける」のボタンが表示されます

 

ですから、2,000円以上になると初めて「レジに進む」のボタンが表示されるようになるわけです。

Amazonも、購入しやすいシステムを運営しているのが頷けます。

 

Amazon定期おトク便を利用して定期購入している時のまとめ買いは?

Amazonには、定期おトク便というサービスがあると以前の記事でも紹介しました。

定期的に同じ商品を自動で配送するサービスであり、単品で購入するよりも割安になるために、とても人気があります。

このサービスを利用して定期購入している商品の金額分は、あわせ買い対象商品の購入条件となる2,000円に換算されません。

イメージとしては、定期おトク便は別枠のサービスを利用していると分けて考えるのが良いでしょう。

このサービスの場合、割引価格が適用されるだけではなく送料無料というメリットもあります。

定期的な配送が可能になるため、買い忘れもなくなる上に、手間も減らせるようになり好評のサービスですよ。

まとめ

これまで、Amazonで低価格の日用品などを買い求めるのに、躊躇があったという方でも、あわせ買い対象商品あれば、買い物しやすくなるあわせ買いが可能ですので、お試ししてみませんか?

送料無料になるだけではなく、必要な時に必要な商品が玄関先まで届くのは、多忙な方を始め重くて買い物が負担になっている子育て世代や高齢者にも便利なサービスです。

Amazonも、こうした時代背景を考慮してできるだけ低価格の商品をネット通販で拡大していくプログラムだと記載していますよ。

手に入りにくい商品だからAmazonで探すというケースも良くありますが、日用品など普段使いだからこそ、手軽に合わせて買い求められるプログラムが広まって来ている時代ですね。

活用することで、経済的に購入できるだけではなく負担を軽減できるのも嬉しいですね!

ぜひ、活用してみませんか?

PAGE TOP