2018 21 Aug

Amazonの送料を無料にする方法!2000円未満の買い物でも送料無料にすることが可能

Amazonで買い物をしている時に、2000円未満の合計金額になり、送料が発生するために買い物を諦めたり、商品を追加して2000円以上の合計金額になるようにしたりした経験は、誰もがあるのではないでしょうか?

でも、2000円未満でも送料無料にすることが可能な方法があります。

送料は負担して当たり前と考える方もいらっしゃるでしょうが、簡単な方法で送料無料になるのであれば、試してみる価値は充分あります。

今回は、その方法を2つ取り上げてみます。

 

 

Amazonの最新の改定で送料はいくらかかる?

Amazonといえば、かつては送料無料で配送していたのですが、2018年4月4日の最新の改定で350円から400円に上がりました。

ネット通販の急速な拡大により、値上げもやむを得ずと思わざるを得ません。

ただ、Amazonは他の通販サイトに比べると送料無料になる条件が2000円以上という設定にしているので、これはどこよりも買い求めやすい設定でしょう。

Amazon.co.jpが発送する場合に、いくら送料がかかるのか確認してみました。

 

  • 2000円未満の場合[通常配送]

本州・四国        400円

北海道・九州・沖縄・離島 440円

 

注文金額に関わらず送料無料で対応してくれていたAmazonだけに、送料がかかってしまうのがもったいないと感じる人も少なからずいるでしょう。

 

数百円の買い物をするのに、送料が400円~440円かかってしまうと、最寄りで探した方がお得になるかもしれませんね。

しかし、どうしても欲しかった商品だった場合、送料を支払ってでも入手したいとなるでしょう。

たまに、送料負担をしてでも入手したい商品があるときは別ですが、比較的安い商品を迅速に配送してくれるAmazonで気軽に利用したいと思いますよね?

 

1回400円~440円の送料負担といっても、年間にすれば、12回の利用で4800円~5280円もかかってしまうことになります。

 

 

Amazonで2000円以下でも送料無料にする方法

これまでAmazonで買い物をする際に、Amazonプライム会員以外の方なら、2000円を超えるように注文をすれば送料対策になると思っていたでしょう。

もちろん、その方法も有効です。

 

けれども、2000円以下のままで送料無料にする方法があるんです。

 

 

 

 

Amazonが販売している本と一緒に購入すれば送料無料

Amazonでは膨大な本を取扱しているのは、みなさんも周知の内容でしょうね。

Amazon.comの創業者ジェフ・ベゾスは、書籍への世界的需要を見込んで、書籍は低価格で膨大なタイトルが出版されている特徴からオンライン書店を開くことを決めたわけですから、Amazonは書籍への思い入れも深いことが想像できます。

その意志は現在でも受け継がれているためでしょうか?

本は1冊から送料無料。

本・雑誌・コミック・ライトノベルなどお好みのジャンルから選べるので、抵抗感なく利用できるでしょう。

 

 

たとえば、上記の文庫本でも648円ですが、配送料無料と記載されています。

これまで、Amazonが販売している本なら、送料無料なので店舗で購入するよりすぐに手元に配送されるメリットがあると感じている方も多数いらっしゃるでしょう。

 

実は、それだけではなくその他の2000円に満たない商品と一緒に購入する時も、送料無料が適用されるんです。

 

「ポストイット 強粘着ノート 5個パック ¥ 698」の商品を購入しようと思うと、2000円未満の金額なので送料が発生します。

698の商品を購入するために、400円~440円の送料を支払う必要があるとなると、ちょっともったいない気持ちがしてしまいますよね。

それなら、Amazonで購入する意味がないとも思ってあきらめるかもしれません。

 

 

上記の文庫本だと734円配送料無料と記載されていますね。

 

 

上記2点を一緒に購入するようにすれば、通常配送無料と表示されるのが確認できるでしょう。

 

こんな風にして、本と組み合わせて購入すれば、何も2000円以上の注文金額にしなくても良いわけです。

本好きな方なら、この方法も充分活用できるのではないでしょうか?

 

もっと安く価格を抑えたい場合には、できるだけ安い本や雑誌を探す方法もありますよ。

 

Amazonで安い書籍を探すには?

Amazonの書籍の中で、もっと安いものを探すのなら洋書がおすすめです。

 

 

洋書の中でも、バーゲンコーナーに掘り出し物が見つけられるかもしれません。

 

Kindle本や入荷待ち状態になっているものも多いのですが、じっくり探してみると見つかります。

 

安さだけにこだわるのであれば、洋書のバーゲンコーナーから探すのがおすすめですが、その時間がもったいないという方なら、コミックや雑誌から普通に探してみるのも良いですよ。

 

利用頻度が多いならAmazonプライム会員に登録するのがベター

欲しい商品の注文金額が2000円以下でも、本と一緒に購入すれば、配送料無料の扱いになるので、とても経済的に購入できるようになります。

ただ、書籍に興味がない人であれば、たとえ安い価格のものでも、無駄なものを購入するのに抵抗感が出てくるでしょう。

 

送料無料のために、たとえば250円の本を月に2回購入すれば、500円かかることになります。

1円たりとも、不要な出費をしたくない方であれば、Amazonプライム会員に登録するのがベターです。

 

年会費が3900円

月に325円の換算になりますね。

先ほどの、送料対策で購入した本代が500円/月ですので、単純に比較してもプライム会員になっておいた方がお得になります。

 

ただ、このような買い物が毎月ある方には、Amazonプライムがお得です。

 

もちろん、特典は送料だけではなくプライム会員の特典は代表的なものだけでも以下のようになっています。

 

  • 100万曲以上が聞き放題「Prime Music」
  • 映画ドラマやアニメが見放題「Prime Video」
  • 通常の送料だけではなくお急ぎ便・着日指定が無料
  • Amazonのタイムセールで30分早く購入できる
  • Amazonパントリーで1点から購入できる

 

 

まとめ

Amazonで2000円以下の注文の場合でも、本を一緒に購入すれば、とりあえず配送料無料にすることはできます。

本や雑誌であれば、比較的誰でも気軽に購入できるカテゴリだと考えられるので、たまにしかAmazonを利用しない人にとっては、知っておくと役立つ裏技です。

頻繁に利用する方なら、Amazonプライムを検討してみる価値が充分にあるでしょう。

年会費3900円を支払う必要がありますが、自分にとって特典の恩恵がどれだけあるのかを想定した上で、登録してみるのも良いでしょう。

プライム会員になれば、送料のことを一切気にせず、いつでも注文ができるようになりますよ。

 

 

PAGE TOP