2018 13 Mar

「楽天ポイント」と「楽天スーパーポイント」との違いとは

楽天ポイントと楽天スーパーポイント

サイトの表記でロゴやテキストが異なっていたりすることもあるので、何気なく別の名称になっていることにふと気づいてしまうと、それぞれ別のものではないのかという疑問が浮かんで来ますよね?

何気なく、楽天ポイントと呼んでいたのに、別に楽天スーパーポイントっていう別のポイントがあったのなら、どんなふうに違いがあるの?

そんな風に思ってしまいます。

今回は、気になる2つの名称を徹底チェックして行きたいと思います。

 

 

 

楽天ポイントと楽天スーパーポイントは別のもの?

楽天公式サイトで、「楽天スーパーポイントガイド」と書かれています。

 

 

そして、文章でも楽天スーパーポイントとなっていますよね?

でも!魅力や基本のルールの説明では、楽天ポイントとなっています。

それでは、リンク先に楽天ポイントの解説がスーパーポイントとは別と書かれているのかとクリックしてみると・・・・・。

 

 

 

こちらでも、楽天ポイントの使い方や貯め方をイラストで紹介していますね。

 

結局は、2つの名称に違いはありません!!

「スーパー」と名称についている方が何だかより価値のあるものだというような印象を持ちやすいですよね!

実は、同じものだったわけです。

 

 

 

 

楽天スーパーセールもあることで混同!?

楽天には様々なセールがあるのですが、その中で「お買い物マラソン」と並んで人気が高いのが、「楽天スーパーセール」。

 

文字通り、破格の値段で販売しているものもあり殺到することもあり狙い目です。

例年、3月、6月、9月、12月に開催されているので、その頃に開催されるものと予測されています。

 

スーパーセール」と書かれていて、人気が高いセールであるために、その際に獲得できるポイントがスーパーポイントと混同してもおかしくはないですね!

 

 

ロゴとテキスト表記が違うので別物!?

かつては「SUPER POINT」とデザインされていたのですが、「POINT」だけになったわけですね。

この目的は、街のお店でもポイントを獲得したり消費したりするときの楽天ポイントの周知を目指すためでした。

しかし、楽天公式サイトでも一部、「SUPER POINT」のロゴを使っているページもあるんですよね!

 

 

たとえば、上記のページではロゴもテキストも楽天スーパーポイントの表記なので、違和感はないですよね?

しかし、楽天ポイントのロゴで、テキストは楽天スーパーポイントというのがけっこうあるので、別物!?と思ってしまうこともあるわけですね。

 

どうして名称が統一されていないの?

では、なぜ「スーパーポイント」と「ポイント」と2種類の呼び方があるのでしょうか?

 

紛らわしくて、疑問に思ってしまうところですが…

その理由を、さらに調べてみました!

 

 

正式名称と略称

楽天公式サイトでみると、テキストの記述は楽天スーパーポイントと書いていることも多いように見られました。

そこから細かい説明や画像になると、楽天ポイントが使われているようです。

しかし、どうして名称が統一されていないの?

結論からいえば、どちらも同じものだからです…!!

 

正式名称は、楽天スーパーポイント。

略称というか慣れ親しんでいるのは、楽天ポイント。

 

楽天会員がおそらく普段使っている呼び方は、「楽天ポイント」「楽天のポイント」あるいは「ポイント」ですよね?

別にこれでも支障があるわけでもないわけですね。

 

 

正式名称と略称はどちらが良いの?

 

そもそも、正式名称略称があるのは会社では通例です。

しかも、大手になれば、NTT、NECなど慣れ親しんでいるのが略称だったり、株式会社三井住友銀行など正式名称が浸透していたり、ケースバイケースでどちらが浸透しているかも異なって来ます。

 

楽天スーパーポイントと楽天ポイントもそういった名称として呼び方が違うだけなんですよね。

 

どちらがよいというのは、会社やサービスに寄って親しみ深さや言いやすさもあるので一概に言えませんね。

 

ただ、楽天に関しては、「スーパー」がついているとよりプレミア感が付いているイメージを持たれるかもしれません。

そのために、ユーザーは別物?と思いがちではあるかもしれないですよね。

 

 

いろいろな楽天カードのデザインはどっち?

 

楽天ポイントをできるだけ効率よく貯めるには、楽天カードがおすすめです。

  • 年会費永年無料
  • ポイントが5倍付与される
  • セキュリティーが高い

 

 

通常なら100円につき1ポイントが付与されるので、楽天カードで支払いを選ぶだけで、5ポイントが獲得できるようになります。

ちりも積もれば山となるですから、5%の付与率は魅力がありますね。

 

そんな楽天カード各種のデザインを見てみましょう!

「楽天スーパーポイント」のロゴではなく、「楽天ポイント」の方にどのカードもデザインされていますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

ANAマイルへ移行できる楽天ポイントのロゴは?

楽天ポイントから各種サービスへのポイントの移行は、実は少なくなっています。

その逆、つまり、他のサービスで得たポイントを楽天ポイントに移行するのは、たくさんあります。

ANAマイルの公式サイトでも、ロゴは楽天ポイントの方を採用しています。

 

 

 

ちなみに、ANAマイルを活用したいという方には楽天ポイントを移行ができます。

楽天スーパーポイント 2ポイント=1マイル(買い物200円につき1マイル相当)

 

現在では、他の会社やサービスでも楽天ポイントとのポイント移行を行っているところでは、そんな風に楽天ポイントのロゴを採用しているところが多いようですね。

 

 

 

 

まとめ

楽天ポイント」と「楽天スーパーポイント」との違いは、ありません!
これまで、ちょっと違いがあるのでは?と疑問が浮上していた方は、どうぞ!ご安心ください。

楽天ポイントと呼び慣れていたけれど、ある日、楽天公式サイトで楽天スーパーポイントという文字を見たために、違うもの?という疑問を持たれた方もけっこういらっしゃるでしょう。

単に、正式名称か略称かの取り扱い方だけですね。

ロゴとテキストが違っていても、基本的にその意味はないと考えて大丈夫ですよ。

違いがあると気になってしまうのは、やはりポイントの獲得や有効期限ですよね?

楽天ポイントは、通常でも100円につき1ポイントの獲得が可能!

通常ポイントなら、購入した日から1年の有効期限あり!

さらに、その間に楽天を利用すれば、有効期限は延長されていく!

これは、なんら変わりありません。

一方、キャンペーンで獲得した期間限定ポイントは、期間が決まっているので早めに使い切るのが得策!

楽天ポイント、楽天スーパーポイントも同じものなので素朴な疑問を持っておられた方は、この機会に払しょくできていれば嬉しいです!

 

 

PAGE TOP