2018 30 May

横浜エリアをラクラク観光「baybike」使ってますか?

こんにちは。
ここ最近は天気も良く、自転車日和ですね。

 

 

以前、みなとみらいエリアのおすすめコースを紹介しましたが、
その時にちらっと触れたある便利ツールの紹介をしたいと思います。

 

記事を読んでいただいた方には予想がつくかもしれませんが、
今回みなさんに紹介するのは、あのbaybikeです。

 

baybikeとは横浜エリアで利用できるレンタルサイクルのことです。
街中に設置されているサイクルポートと呼ばれる場所でレンタルすることが出来ます。

 

このbaybike、何が便利なのかというと、
なんと、サイクルポートなら

どこでもレンタル・返却が出来るんです!

 

 

通常、レンタルサイクルといえば
レンタル・返却を同じ場所で行わなければなりませんが
baybikeは乗りたい!と思ったところでレンタルして
降りたい!と思ったところで返却できるんですね。

 

このシステムのおかげで、横浜エリアならどこでも気軽に自転車を利用できるんです。

 

※レンタルはすべてサイクルポートで行いますので、
その辺に放置するなんてことは絶対にNGですよ。

 

利用の前の登録方法

さて、baybikeの便利さを知っていただいたところで
早速、利用方法を見ていきましょう。

 

まずは会員登録からです。
以下のモノを用意してください

 

・Eメール受信可能な携帯電話(スマートフォン可)
・クレジットカード(VISA、MasterCard、JCB、AmericanExpress、DinersClub International、d CARD)

※会員登録をしないプランもあります。

 

用意出来たらbaybikeと検索して
公式サイトの画面左上から利用登録してください。

 

登録が終わるとSuicaやPASMOなどの
交通系ICカードで利用可能になります。

 

 

専用のICカードもありますので
ご希望の場合は、ベイバイク運営事務所で発行することが出来ます。

 

また、上記の手続きに不安がある方は
同じくベイバイク運営事務所で案内を受けられますので
利用してみて下さいね。

 

 

ベイバイク運営事務所
営業時間
平日(火曜除く) 10:30-18:00
土日祝      9:30-18:00

定休日 火曜日
住所  横浜市中区山下長240-1

 

 

また、登録不要の利用プランもあります。

 

30くりパスといって、現金でレンタルできるプランです。
専用の販売窓口のみで販売されており、身分証の提示が必要ですが、
1日または午後から半日の利用が可能です。

 

日常的に利用しない方や遊びにいらした方にはうれしいプランですね。

 

 

 

 

実際にどうやって使う?利用方法をチェック

次は実際の利用方法です。

ICカードパスコードの2パターンがあります。

 

【ICカードの場合】
30くりパスはICカードに含まれます。
使い方は非常に簡単で、
操作パネルのスタートボタンを押して
ICカードをかざすだけでロックが解除されて利用可能になります。

 

【パスコードの場合】
パスコードは会員サイトでログインして
駐輪場自転車を選択すると発行されます。

メールで届いたパスコードを操作パネルに入力すると
ロックが外れて利用可能になります。

 

 

【返却の仕方】
返却は自転車をラックにはめて手動で施錠をし、
操作パネルでENTERを押すだけでOKです。
簡単ですね

 

 

ご紹介した通り使い方はとてもシンプルです。
手間もかからないので、横浜観光の際には非常に役立ちますね。

また海沿いならではの気持ちよさもありますので
まずは30くりパスで利用してみて下さいね。

 

 

さて、ここまで読んでいただいて

baybikeの使い方はばっちりでしょうか。

横浜エリアお住いの方向けになってしまいますが

baybikeの名前を知っていても
使ったことがない方は意外と多いと聞きます。

 

私の周りも
「あー、あの赤い自転車ね。」「便利そうだよね。」といった具合で、
名前を知っているだけの人も結構います。もったいないですね。

 

ですが実際に利用した友人からは、
「みなとみらいを自転車で走ると気持ちいい。」などポジティブな感想ばかりです。

 

やはり実際に使ってみないと楽しさはわかりませんね。

 

 

春先~初夏秋頃は気候も良く、
いちょう通りや海沿いを眺めながら走るのがおすすめです。

 

横浜エリアにいらした際は、ぜひ利用してみてくださいね。

 

PAGE TOP