2018 05 Nov

【横浜酉の市2019】屋台の時間や熊手の買い方

みなさん、こんにちは!横浜支社のYです! 早いもので今年もあと二か月で終わりですね。 2019年のカレンダーや手帳、クリスマスケーキやおせちの予約ポスターを そこかしこで見かけて時の流れの速さに焦りつつある私です。   年の瀬の大きなイベントといえば、『酉の市』   横浜阪東橋駅すぐの「金刀比羅大鳥神社(ことひらおおとりじんじゃ)」で行われます。 明治時代から催されているまさに横浜の冬の風物詩のひとつ。   酉の市とはその名のとおり、鳥や鷲にちなんだお祭りです。 食べ物の屋台も多く並びますが、このお祭りは熊手を売る店が主役! その由来は、熊手が「福をよびこむ」と信じられていたから。     熊手は商売人の買うものだし、自分には関係ない…なんてことはありませんよ! 見るだけでも迫力があって十分楽しめますよ。 天井まで並ぶ熊手はまさに圧巻のひとこと!ぜひ行ってみてください!

まとめ

熊手の他に、食べ物の屋台もたくさん並びますし、見どころ満載の楽しいお祭りですので、 みなさんぜひ行ってみてくださいね♪ 夜はかなり冷え込みますしかなり混むので、お子さんと行くなら昼間がおすすめです! また、最寄りは阪東橋駅ですが、関内駅からも15分ほどで着くので混雑を避けたい方は関内駅からがおすすめです。   横浜酉の市2018詳細   それでは、また更新しますね! 最後までお読みいただきありがとうございました。
PAGE TOP