2018 01 Feb

「店員がいない!」リアル店舗アマゾン・ゴーの衝撃!

こんにちは!

アマゾン・ゴーの登場で小売業界は変わるのか?!という議論がありますが、
変わるに決まってるでしょ・・・と思っているアーチェスト通販スタッフのEです。

アマゾンがレジ無し・実店舗型のコンビニエンスストア「アマゾン・ゴー」をオープンさせた、

というニュースがありました。

 

「アマゾン・ゴー」をご存知でしょうか?

 

アマゾン・ゴー(Amazon Go)とは・・・

Amazon.comが運営するプロトタイプの食料品店。最初の店舗は2016年12月5日にAmazonの新本社内にオープンしており、消費者はレジに並ばずに商品を購入することが出来るなど部分的に自動化されている。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙の報道によると最初に開店した店舗はAmazonが開店を計画している3店舗中の1つで3店舗とも違った形態になるという。2016年10月、ビジネスインサイダーは今後10年間で2000店以上を開店するとしたAmazonの内部文書を確認したと報じた。Amazonの広報担当者は2000店開店の報道を否定し、未だに学んでいると主張した。ビジネスインサイダーは今後2年間でAmazonは20店舗程度を開店する可能性があると予測した。

(Wikipediaより https://ja.wikipedia.org/wiki/Amazon_Go

 

買い物客は欲しい物をバックに入れて外に出るだけで、商品の代金がアマゾンのアカウントに自動に請求されるそうです!

だから、レジに並ぶ必要も財布からお金やクレジットカードを出す必要もありません。

 

まさに万引きしているかのような感覚で買い物が出来てしまうのですね(笑)

 

まだまだ世間に広まるには時間がかかるかもしれませんが、

ネットショッピングが急激に拡大し、一般的になったように

アマゾン・ゴーのような販売の仕方が小売業界の常識になる日も近いかもしれません。

 

 

便利になるのは間違いないですが、店員さんがほとんどいないというものちょっと

寂しい気がします。

 

しかし、人件費を激減させることができるため、

近い未来に、商品の価格が大きく変わるという可能性もありますね。

 

 

関連記事:ほぼ無人スーパー「アマゾン・ゴー」の全貌
http://toyokeizai.net/articles/-/206569

PAGE TOP