2018 30 May

シーリングファンの選び方と使い方|おすすめ6選!売れ筋 人気ランキング【2018】

おしゃれな家や天井の高い家、海外の家などの天井についているのを見たことありませんか?シーリングファン。

私も以前、海外のインテリアに憧れて購入しようとしたことも。

でも、普通のアパートだったもので周りに反対されましたけどね。今でも欲しいという気持ちは捨てきれていません!

シーリングファンとは

簡単に言うと天井に取り付ける扇風機のようなものなのです。

天井に回転する羽をつけることで空気の循環を促すものです。

また、このシーリングファン、装飾インテリアとして飾られることも多いようです。

照明器具としての役割を担ったものもありますので一般家庭にも多く使われるようになっていますよね。

もともとの発祥はアメリカであり、木造の建物の天井を高くしたところ冷暖房の効率が良くなかったため生まれた商品なのです。

シーリングファンの効果

先ほども述べました通り、シーリングファンとは天井に設置し空気の循環を促すものだと述べました。

天井の高さがある建物だと上部と下部の温度が違う、なんてことが良くあります。

ロフトタイプの部屋を経験したことがある方、自宅リビングが吹き抜けタイプであるかたなら分かりやすいかと思います。

暖かい空気は上へ、冷たい空気は下へといく性質を持っていますので、この温度の変化で体調を崩したり、不快感を覚えたりする方もいらっしゃるようです。

この扇風機のような羽で空気を循環することで室内の温度も一定に保つことが出来るのです。

シーリングファンの選び方

天井の高さや広さと強度

主にロフトタイプの部屋、天井高が240センチ以上の部屋で使うものなのですが、そこまで天井高がなくても使用することは可能です。その際は、デザイン的にもサイズ的にもコンパクトなものを選ぶと部屋に圧迫感を感じにくいかもしれませんね。

広さも大体6畳から使う方が多いようです。

強度は取り付けるソケットに重量が載ってありますのでそこの部分と照合して購入するといいでしょう。

羽根の数や大きさ

商品やメーカーによって羽の枚数は異なってくるのですが、3枚羽の場合、枚数が少ないので天井への負荷がかかりませんし、羽自体が大きい為エコ運動で部屋の空気を循環することが出来ます。

羽の枚数が多くなると羽自体の軽量は軽く羽の大きさも小さいのです。その為、どんな天井にも設置できるというメリットがあります。

モーターの種類

ACモーターDCモーターがあります。

ACモーターは安価で少しですが電力量が多いです。安価な為リズム風設定が出来ません。

DCモーターは少しお値段はしますが省エネ。先を考えるならこちらを選ぶべきかもしれませんね。

消費電力

平均的に1日大体30円ほどです。(24時間つけっぱなしの場合)

 

調光機能

ついているシーリングファンが多いようです。自動的についているもの、リモコンで調節するものがありますよ。

おすすめ商品6選をご紹介

おすすめのシーリングファンをランキング形式で紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

シーリングファンの売れ筋ランキングもチェック!

尚、現在の、シーリングファンのAmazon・楽天売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

1位 【機能美でオシャレ 実用的なシーリングファン(リモコン式)】 木目が魅せるアンティークデザイン 速度3段階・照明2灯/4灯・回転方向がリモコン切替 広さ12畳対応 (ホワイト色)

空気循環でいつでも快適!

おしゃれな4枚の羽が空気を循環させることで冷暖房効率を上げます。
リモコンがついているので手元で簡単操作が可能です。

LED電球にも対応しているので、空気循環の機能と合わせて省エネ対策に繋がりますね。

—————————————–
【サイズ】直径約108×高さ約36.5cm
【材質】◆本体:真鍮メッキのスチール◆ファン:プリント合板
【重量】約5.6kg
【生産地】中国

LEDのシーリングライトを外して、これに変えただけでリビングが豪華になった様に変身)^o^(。冷暖房の効きが全然違いますね!!。ちなみに、来客皆さんが「良いな〜!」って言ってくれます\(^o^)/。電球もLEDです。

2位 【機能美でオシャレ 実用的なシーリングファン(リモコン式)】 木目が魅せるアンティークデザイン 速度3段階・照明2灯/4灯・回転方向がリモコン切替 広さ12畳対応 (ブラウン色)

こだわりの美しさと機能

アンティークな見た目が高級感をかもし出すシーリングファン。
1位の商品の色違いです。

おしゃれな見た目の4枚の羽根が、
天井付近に溜まる温かい空気、冷たい空気をかき混ぜ、お部屋の空気を均一にします。

—————————————–
サイズ】直径約108×高さ約36.5cm
【材質】◆本体:真鍮メッキのスチール◆ファン:プリント合板
【重量】約5.6kg
【生産地】中国

見た目が気に入り購入しました。
ファンの風力も思ったよりも強く、リモコンで強弱の調整や逆回転ができ、機能面では満足しています。
難点としては取り付けが困難であったこと。アジャスターを取り付けるために天井に穴をあけ、木ネジで固定。
この作業が思ったよりも大変で、穴を開ける位置、アジャスター、コンセント部分がうまく嚙み合わず苦労しました。

3位 オーデリック LEDシーリングファン(LED電球一般形8.6W×6・光色切替調光) 5枚羽根(リバーシブル) リモコン付き SH9073LDR W

リバーシブルの羽根でインテリアに合わせてコーディネイト

羽がリバーシブルですので、
インテリアに合わせてコーディネイトできます。

シーリングファン用リモコン付属。
シーリングファンの風量・風向き、灯具の点灯切替が手元で行えます。

—————————————–
【サイズ】105.8×高さ32.5cm
【重量】約7.5 kg

高級感も有り、機能の充実していて、音も静かで、購入してとても良かったです。

4位 オーデリック LEDシーリングファン(LED電球ミニクリプトン形5.7W×5・光色切替調光) 4枚羽根(リバーシブル) リモコン付き SH9072LDR W

灯具可動型のLEDシーリングファン

灯具が可動するのでスポットライトのような演出効果が楽しめます。

リビングのベースライトとしても、壁面などを演出するスポットライトとしても
手軽に使用できるシーリングファンです。

—————————————–
【サイズ】40.6 x 34.2 x 32.8
【重量】約5.6 Kg

他のメーカーに比べ、軽量なのが天井の負担が少なくなり良かったです。デザインと機能も素敵で、お客様からも好評です

5位 ダイコー LEDシーリングファンDAIKO ASL-610

電気工事不要の簡易取付タイプ

羽根はリバーシブルです。
インテリアに合わせてみてもいいですね!

電気工事不要の簡易取付タイプです。

—————————————–
【サイズ】1200mm / 高さ:395mm
【重量】6.7kg / 傾斜天井には設置出来ません

6位 東京メタル シーリングファン 茶色 電球別売 TKM-42AB4LKNDZ

裏は木目調のリバーシブル

本体カラー:ブロンズ
引掛けシーリング式です。

—————————————–
【サイズ】50.4 x 32.8 x 23.6 cm
【重量】6.0Kg

まず、本体が6㎏もあるので引っ掛けシーリング(角型、丸形)という物件では釘なしには取り付けできません。
埋め込みローゼット(耳があるタイプ)というのがついていれば釘なしでいけますので
天井の引っ掛けシーリングを確認するのが最初です。
このシーリングファンに限りませんが、重いものはたいていそのまま引っ掛けシーリングにぶら下げて終わりにはできないので注意が必要です。

羽は写真では茶色ですが、裏は木目調のリバーシブルになっています。
ただ、組み立てが結構大変なので、気分によって変える…という使い方は基本できません。
最初にどうするか決めておくべきでしょう。

あと、買ってみて思ったのですが、電球がむき出しのものが目の上にくるとふいに目に入った瞬間にまぶしく目に残ります。
そして40W相当だと部屋がかなり暗く、60W以上はほしいです。
しかし、目に入るとさらにまぶしいというジレンマ。
上は暗めにして間接照明と併用するという使い方もありかもしれません。
ちなみに羽と違って照明は完全固定ですから、照らしたい方向に向くかは引っ掛けシーリングやローゼットの向きによります。

ぶっちゃけ、使用感としては普通のカバー付きのシーリングのほうがいいです。
機能美をとるか、造形美をとるかといったところでしょう。
ただ、見た目もすごくかっこいい!という感じではないかな。
気に入ってないことはないのですが、シーリングファンにちょっと幻想を抱いていました。
ただ、圧倒的に安いので値段的にはコスパはいいと思います。

まだ寒いのでファンはあまり回していませんが、低速でも風は感じます。
エアコンとの併用に期待しています。

シーリングファンの売れ筋ランキングもチェック!

尚、現在の、シーリングファンのAmazon・楽天売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

てっきり天井高が高くないと取り付け出来ないのかと思い込んでありました。

天井高がなくても使えるんですね!

私はインテリアとして設置しようと思っておりましたが、空気の循環を兼ねているのならば暖房や冷房を使った時に効きが効率的になるのではないかと期待しています!

PAGE TOP