2019 24 Jan

除雪機の選び方と使い方|おすすめ5選!売れ筋 人気ランキング【2019】

今年の冬は例年以上に寒くなってしまうのでしょうか。

地球の温暖化、と言われながらもやはり冬場は厳しい寒さになりますよね。

 

特に、雪国の地方では雪による交通障害が目立ちます。

そこで役立つのが除雪機です。

 

今回は意外と知らないことも多いかも!?除雪機についてお話していきますね。

 

 

 

除雪機とは

除雪機は、その名の通り、雪を取り除く機械のことです。

 

雪が降らない地域では見ることがないかもしれませんが、雪が多く降る地方にとっては必需品ではないでしょうか。

 

道に行きが積もっていると、車の往来が出来ませんし、もちろん人の往来も難しくなってしまいますよね。

また、鉄道や線路でも雪が交通の妨げになってしまいますから、除雪車によって雪をかき分けたり、飛ばしたりします。

 

用途によってサイズは様々で、業務用の大きいものから家庭でも使えるようなコンパクトな大きさなものまであります。

 

除雪機の使い方

除雪機は大きく分けるとエンジン式と電動式があります

エンジン式は文字通りエンジンをかけて動かします。

 

ここで注意しておきたいのは除雪機では一度に多くの雪を取り除くことは難しいので、一気に除雪しようとすると雪が詰まりやすいですのでお気を付けくださいね。

 

そして雪が詰まってしまうと、手で雪のつまりを直そうとする方もいらっしゃいますが、それはとても危険な行為です。

慌てずにまずはエンジンを切り、動きが止まっているのを確認して雪かき棒で詰まりを取ってくださいね。

 

電動式にはコードがついていますので、コードを引いて除雪をしていきます。

コンパクトなものが多く手軽に使用できるのですが、長時間運転することが出来ません。概ね30分程度でしょうか。

それ以降は、機械を十分休ませてからまた始動させるというかたちをとってくださいね。

 

除雪機の選び方

エンジンタイプの除雪機は、使用前と使用後の手入れに手間がかかる反面、パワーも強いので、豪雪地帯や冬季はほぼ毎日雪が積もってしまう地域では大活躍するでしょう。

 

一方、電動式タイプのものは、コンパクトですので、女性の方やお年寄りにも使うことが出来るものかもしれません。

 

しかし、長時間の使用はできませんので、雪が積もる機会がそこまでない地域では、こちらがいいかもしれませんね。コンパクトなので玄関先にも置いておけますし。

 

おすすめ商品5丁目選をご紹介

1位 HAIGE 電動 除雪機 HG-K1650 除雪幅50cm 1600Wモーター搭載

国内最大クラスの1600Wのモーターを搭載して新雪やサラサラ雪に最適!

電動除雪機HG-K1650は国内最大クラスの1600Wのモーターを搭載しています。 降り始めの雪などの軽い雪の除雪に大きな力を発揮します。 (除雪幅:50cm 最大投雪距離:10m)

 

パワーは十分です。降ったばかりのパウダースノー専用=雪掻きをサボらない人(翌日に回さない人)に最適なアイテムです。

2位 左右5段階、上下5段階の角度調整が可能力要らずラクラクキャスター付手押し 雪かきショベル

強化スチールを使用した重厚感

上下5段階、左右に5段階の角度調整が可能になります。 上下の調節は腰に負担がかからないほどよい高さで調整していただく事で除雪の労力を軽減してただく事が可能です。

 

雪かきショベルの角度が進行方向に対して垂直以外にも角度調節できるので前方へ進む力を利用して新雪をラッセル車のように路肩へ掻き出す事が出来ます。
ゴム製チューブタイヤが付いているのでスコップで除雪するより楽です。

3位 除雪機 自走式 セル付き ヘッドライト付き イエロー 除雪幅約61cm 212cc 7馬力 7HP 4サイクル 雪かき機

7馬力のエンジンを搭載しており、パワフルに除雪作業を行えます

除雪幅が広く、大量の雪を一気に除雪出来ます。ギザギザの回転刃がしまった雪も細かく砕き、快適に除雪します。暗い場所や時間帯に作業する際に活躍してくれるヘッドライトを搭載しており、オフロード用タイヤ搭載で雪道でもしっかりと進むことが出来ます。

 

 

4位 【アストロプロダクツ】AP 除雪機 SB626

手軽に除雪作業ができる、小型で操作も簡単なエンジン式除雪機です

凹凸面に強く、滑りにくいクローラータイプで、前進、後進ができる自走式です。
レバーを握ると、走行やオーガの回転を開始し、レバーから手を離すと、それぞれの動きが停止する安全設計です。
左右ハンドル下のクラッチレバーを握ると、クローラーの回転を片側だけ止める事ができ、小回りしやすくなります。
各部レバー操作で、シューターの角度や向き、オーガの高さ調整が簡単に行えます。

 

ちょうど30~40cmぐらいの雪が降った日のの前に届いたので良いタイミングで試運転できました、この値段でなら十分役に立つと感じました。

5位 20m延長コード付属家庭用小型電動除雪機 スノーエレファントDX D-1100

自宅駐車場・通路の除雪にピッタリサイズ

大雪でも手軽に雪かき!大好評の家庭用電動除雪機。
コンパクト設計で女性でも簡単に操作できます。
まるで掃除機をかけているかのようなお手軽さで、玄関先、駐車場、車庫前や店先などあらゆる場所でお使いいただけます。

 

重さは男の人なら片手で十分持てるくらい。組み立ても簡単で想像とおりでした。コードが邪魔になることが、しばしありですが新雪に発揮します。

まとめ

除雪機は、エンジン式のものと電動式のものと分けられることがわかりました。

 

特に降雪量の多い地域は毎年、雪で悩まされているご家庭も多いのではないでしょうか。

除雪作業は人力で行うと危険なこともありますし、なにより体力が必要ですよね。

 

そこで、少しでも作業を楽にするために除雪機の導入を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

PAGE TOP