2018 27 Apr

ゴムボートの選び方と使い方|おすすめ6選!売れ筋 人気ランキング【2018】

突然ですが、今年の夏の予定は決まっていますか?

我が家は、今年、ゴムボートを購入しようかなと検討しているのですが、先日、友人の持っているゴムボートに乗せてもらったのがきっかけでした。

今回は、そんなゴムボートの魅力についてお話ししようと思っています。

ゴムボートの魅力

まずは、空気を入れるだけで乗れる、という点でしょうか。

ボートと言えば、乗り物です。

水上で乗れるにも関わらず、空気を入れるだけで数人乗れるのはとても魅力的です。

また、空気で入れるだけなので持ち運びも楽です。自動車で持ち運び出来るのです。

こんなにコンパクト、かつ簡単に使用できるのにも関わらず、安定性も抜群なのです。

ゴムボートを手にしてからすぐに使用することが出来ますので、初めて買った、またこれから購入しようと検討されている方にもおススメなのです。

個人的にですが、ゴムボートで釣りに行くことを楽しみにしております。

ゴムボートの選び方

では、ゴムボートについてもう少し掘り下げてみましょう。

 

ゴムボートの定員

定員については、法律で決まっている人数があることを知っていますか?

定員は「操縦士以外で3人以下」となっていますし、大きさは3メートル以下と定められています。

というわけで最大定員は4人です。

それ以上を乗せる、となると「船舶免許が必要となりますので、大きいボートだからと言って乗れるだけ載せても構わないということではないので注意しましょう。

ゴムボートの重量

こちらも、大きさによって重量も変わってきますよ。

大きくて重たい方がもちろん、安定性は増してきます。

海は波や風がありますよね。この安定性、結構大切だったりします。

1人乗りの場合・・・ブラックマグ175(MUG-175)であると重量は14キロ

1人乗りであると運ぶのは1人で、となるかもしれません。1人で運ぶとなれば自分が持てる重量でなくてはなりませんよね。14キロならば3歳児くらいの重さ。これくらいなら女性でも持つことが出来るかと思います。

4人乗りの場合・・・AS315IBであると42キロです。

こちらはやはり1人で運ぶことは難しいでしょう。

ゴムボートのサイズ

ゴムボートは1人乗り~のサイズから大きさはさまざまです。

1人乗りの物はもちろんコンパクトでありますが、安定性の点では欠ける部分があります

多人数の物となると安定性は1人乗り用のものよりも増しますが、もちろんサイズは大きくなってしまいますので持ち運ぶという点からはデメリットにあたるかもしれませんね。

サイズで例を出しますと、

2人乗りの場合・・・インテックスエクスプローラー200SETは、長さ185センチ 横94センチ

4人乗りの場合・・・PM010236では、長さ280センチ 横126センチ

ゴムボートのおすすめ商品をご紹介

それでは、ゴムボート商品をご紹介させていただきます。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

ゴムボートの売れ筋ランキングもチェック!

尚、現在の、ゴムボートのAmazon・楽天売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

1位 Sevylor(セビラー) スーパーカラベル3人用コンボ 2000009248

オールとポンプがセットになった3人用ボート。

フットポンプで空気の注入や排出が簡単スピーディ。
オールとポンプがセットになった3人用ボートです。

———————————————-
サイズ:使用時/約230×119×38cm、収納時/約60×14×40cm
重量:約6.5kg
材質:PVC
定員:3人用
使用に適した水辺の環境:海、湖

 

これの30倍ほどする値段の激流仕様のダッキーも持ってるのですが子供と少し遊ぶ程度では重いし邪魔臭いのでお手軽にと買ってみました。
友人がインテックスのエクスプローラーを1シーズン3回も買い替えたのでインテックス以外でセビラーにしてみました。
安価ですがセビラーは激流用のダッキーも販売してるので少しはマシかなと買ってみました
5気室もあるので空気入れるの邪魔臭いのとフロアの空気が抜きにくいです。
弁がポンプの口を外すとロックがかからずに空気が抜けるのでおかしいなと思ったら押し込むと蓋をしなくても内蔵の弁が働く仕組みなんですね。
電動で末っ子と空気入れてみたので、今度適当な水面に浮かべて見ます

2位 ロゴス TRAILBLAZERBOAT240 66812001

「ロゴス」の人気ゴムボート

「ロゴス」は、1928年に創設された船具店が様々な形でアウトドアと関わりを持ち、
アウトドアレジャーが認知され始めた1984年頃から、
テントや寝袋等の代表的なキャンプ用品を手初めに開発、販売に着手した日本のブランドです。

———————————————-
サイズ:(約)幅130×長さ240cm
収納サイズ:(約)66.5×33×17cm
素材:PVC

釣り用として購入。
値段の安さの割にしっかりとしているのでコストパフォーマンスは悪くないと思います。
ただ、底板や釣り用のオプションは皆無(当たり前か)なので、ある程度の艤装を楽しめる方でないとダメかもしれません。
ポンプも少々使いにくいので、ダブルアクションポンプや電動ポンプを購入したほうがいいかも。

3位 釣り ゴムボート フィッシングボート エレキモーターセット ワイルドリバー279 エレキモーターセット 2人乗り

2017年新しく加わったゴムボート!

アウトドアシーンでファミリーやカップルが手軽に楽しむためのPVC製インフレータブルゴムボートです。
ロットホルダーが標準装備されたフィッシングに特化したゴムボートなので、思う存分釣りを楽しめます!

ボート後部の両舷に釣り竿を1本ずつ収納できます。
釣りに特化したゴムボートなので、思う存分釣りが楽しめます。

———————————————-
全長:279cm 全幅:133cm
重量:12.5kg
最大搭載人員:2 (大人) 気室数:2+2
最大積載重量:225kg 最大搭載出力:500W 素材:PVC

4位 釣り ゴムボート フィッシングボート エレキモーターセット MOTION モーション255 2人乗り

ゴムボート入門モデル

アウトドアシーンでファミリーやカップルが手軽に楽しむための
PVC製インフレータブルゴムボートです。

本体重量は、わずか12kgと軽量のため、女性でも楽々と運搬ができます。

———————————————-
全長:255cm 全幅:131cm
重量:12kg 最大搭載人員:2+1(大人+小人) 気室数:2+1
最大積載重量:185kg 最大搭載出力:500W

湖でのバス釣りに使用しました。
大人2人、バッテリー、クーラーボックス、
ロッド5本、タックルボックスを乗せて
バス釣りしましたがなんも問題なく釣りできました。

5位 アキレス(Achilles) EC2-521 レッド ボート単体 2名/船内長137 EC2-521

「アキレス」の2人乗り軽量タイプのゴムボート

安定感に優れた太いチューブ設計ながら、
重量を最小限に抑え強さ・太さ・使いやすさの三拍子が揃った高級シリーズ。
チューブには大型パワーボートと同様に、
420デニール高密度ナイロンにトッピングしたハイパロン配合のゴム引布を使用。
空気注入時は堅牢で、排気時にはゴム&ナイロンのしなやかさによりコンパクトに収納でます。

重量14kgの軽量タイプで1人での持ち運びに適しております。
気になる船内サイズは長さ137センチx60センチ。気軽にお使いいただけます。

———————————————-
全長:215cm
自重:10.5kg

やっぱりアキレスがいいと思います。
もう少し安ければと思います。

6位 DOD(ディーオーディー) バスフローターボート DFB101 【 フットポンプ / オール(パドル)付属 】

野池や湖でのフィッシングにおすすめ

野池や湖でのフィッシングにおすすめ

目的のポイントまで素早く到達できるバスフィッシング用のボート。

水面に近い視線で水の動きを感じながらボートフィッシングを気軽に楽しむことができます。

ウェーダーが不要なので再上陸、休憩が容易であることに加えて、体の冷えを最小限に防ぐことも可能です。

オールロックを装備し、竿への持ち替えが容易なのも魅力です。バスをヒットしたときに引っ張られるようなファイト、

小型ボートならではの新たなバスフィッシングの感覚を味わっていただけるボートです。

———————————————-
本体サイズ (約)1600 × 1200
チューブ直径330mm
重量 本体(約)21kg ※付属品含む。梱包総重量:(約)23kg
本体材質 ラミネートPVC(0.7mm厚)
気室 2気室(本体前後)
定員 大人1名
最大積載量 130kg

コスパ◎
大きさに関しては、身長160センチの私にしたら十分です。空気入れも時間がかからず余裕でした。
使用上に問題はありませんが、送られてきた状態に気になる点がありました。
それは、梱包してから時間が経過しており、ボート自体に型がついて弱くなっている部分があるように感じました。
携行しやすさに大満足!釣果も確実に伸びました!
星3から5に変更します!

ゴムボートの売れ筋ランキングもチェック!

尚、現在の、ゴムボートのAmazon・楽天売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

ゴムボートの魅力や、意外と気軽に始められるということが少しでも伝わりましたでしょうか。今年は、ゴムボートデビュー一緒にしてみませんか?

ゴムボートには、エンジンがつけられるもの、オールで漕ぐものがあります。

また、空気を入れるためにはエアポンプやコンプレッサが必要です。

しかし、ゴムボートもエアポンプもそこまで高価なものではありません。(もちろん値段はピンキリです)

なので、我が家はまずは安価な物を購入してみようかなと思っていますよ。

PAGE TOP