2018 09 Mar

コーヒーメーカーの選び方と使い方|おすすめ6選!売れ筋 人気ランキング【2018】

コーヒーメーカーを買おうかな?と思いながら見ていると、とってもたくさんの種類がありますよね。

「美味しいコーヒーは飲みたいけど、作るのに手間がかかるのは面倒だな」とか「お安く手軽に飲みたい」とか、コーヒーメーカーに求めるものは、いろいろあると思います。

 

今回は、自分にぴったり合うコーヒーメーカーは何だろう…と思っている人に、タイプ別のコーヒーメーカーをご紹介します!

 

本格的なコーヒーを自宅で楽しめる!コーヒーメーカーが人気!

コーヒーは好きだけど、コーヒーメーカーだと時間がかかってしまう…。出来あがりまでの工程が面倒…。

 

そんな理由でインスタントコーヒーを飲まれている方、たくさんいらっしゃると思います。

そんな皆様に朗報です!

現在発売されているコーヒーメーカーはとても楽ちん!カフェで飲むような挽きたてのおいしいコーヒーが、ボタンひとつで簡単に作れちゃいます。今ではコーヒーメーカーはその人気ゆえ、たくさんの種類が発売されています。

そんな大人気のコーヒーメーカーについて詳しく解説していきたいと思います。

ドリップ式コーヒーメーカー

皆さんが一番イメージしやすい種類がこちらではないでしょうか。

挽いたや、タイプのコーヒーをコーヒーメーカーにセットし、水タンクに水を入れ、スイッチオンにするとお湯を沸かしてコーヒーをドリップしてくれます。

カプセル式コーヒーメーカー

近頃CMでも見かけるカプセル式コーヒーメーカーは、専用のカプセルをセットするだけの、とてもお手軽なタイプです。

カプセルの種類によって、色々なコーヒーの味を楽しむことができますが、コストがかかってしまうのがデメリットといえます。

全自動コーヒーメーカー

全自動コーヒーメーカーとは、コーヒー豆を挽くところからドリップするところまで、すべてをボタンひとつで自動でおこなうコーヒーメーカーです。

豆を挽くためのミルが内臓されているため、挽きたての香り豊かなコーヒーを手軽に楽しめるところにとても人気があります!

お好みのコーヒー豆と水をセットするだけで、数分後には香り高い挽きたてのコーヒーができあがります。いそがしい朝、起きてすぐに淹れたてのコーヒーが飲めれば目覚めもバッチリですね。

 

 

コーヒーメーカーの使い方

様々な種類のコーヒーメーカーがあるので、機種によって使い方は異なります。

ここでは定番の紙フィルターを使用したドリップ式コーヒーメーカーの使い方を紹介します

 

1.紙フィルターをセットする

フィルターをセットする前に、紙フィルターの圧着部分を互い違いに折り曲げてサイズを調節します

 

2.コーヒー粉をセットする

コーヒー粉は市販されていますが、お好みの豆を挽いてみるのもおすすめです

飲む前に豆を挽くと香りや味わいを損なわずに楽しむことができます

 

3.水をセットする

所定の量をきちんと守りましょう。

コーヒーメーカーの機種によって使い方が違うのでよく確認してくださいね

 

4.スイッチ・オン!

ここまできたらあとはボタンひとつ。自動でコーヒーが抽出されるのを待ちましょう

簡単です!

 

 

飲みたいコーヒーの種類に適したコーヒーメーカーを選ぶ

飲みたいコーヒーの種類によって、コーヒーメーカーを選択することもできます。たとえば「エスプレッソ」を飲みたい!そんな方にはエスプレッソマシンがおすすめです。

エスプレッソはコーヒー豆に圧力をかけて抽出するので、旨味やコクが濃縮されたコーヒーを飲みたい方向けですね。

カプチーノ」を飲みたい!そんな方には、ミルクタンク付きのエスプレッソマシンがおすすめです。

 

また、カプセル式コーヒーメーカーはレギュラーコーヒーだけでなく、カフェラテやカプチーノなど、カプセルを変えるだけで様々な種類を味わえるます。

毎日違った味を楽しみたい方におすすめのコーヒーメーカーですね。

 

 

 

コーヒーメーカーの機能で選ぶ

コーヒーメーカーの機能別、おすすめの選び方を紹介します。

 

水だしコーヒーを作ることのできるタイプ。

タイマー機能がついており指定した時間にコーヒーをいれることができるタイプ。

アプリと連携し、コーヒーの量や水の量などを細かく調節し、オリジナルのコーヒーを作ることのできるタイプ。

 

たくさんの種類が様々なメーカーから発売されているので、あなたのお好みのコーヒーメーカーがきっと見つかるはずです。

メーカー別におすすめ商品3選をご紹介

たくさんのメーカーから様々なコーヒーメーカーが発売されています。

「どんなコーヒーを飲みたいか?」ということを考えながら、機能性やデザインを比較してみるといいですよ。

おすすめのコーヒーメーカーをランキング形式で紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

コーヒーメーカーの売れ筋ランキングもチェック!

尚、現在の、コーヒーメーカーのAmazon・楽天売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

1位 パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー 全自動タイプ NC-A56-K

2014年に発売されて以来、常にランキング上位の人気商品です。

全自動でコーヒーを抽出でき、ミル搭載で美味しいコーヒーが完成します。

今までのマイコン制御によるマイルド/リッチの「淹れ分け」に加え、
新たにメッシュフィルターを付け替えることで挽き分け(粗挽き/中細挽き)の組み合わせが可能に。
最近人気のスペシャルティコーヒーも渋みをおさえ、風味豊かに味わえます。

 

——-‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

サイズ:22.0cm×24.5cm×34.5cm
本体重量:2.9kg
容量:5カップ(670ml)
主な素材:PP樹脂、硼珪酸(ほうけいさん)ガラス
消費電力:790W

詳細はこちらから(Panasonic公式HP)
http://panasonic.jp/coffee/p-db/NC-A56.html

 

インスタントでは味わえないコーヒーが
飲みたくて購入しました。
簡単で使いやすいですね。少々幅を取りますが、
それ以外は問題ありません。
色々と豆を変えて楽しみたいと思います。
コーヒー通でもないので、今のところは
十分満足する商品ですね

2位 パナソニック ミル付き浄水コーヒーメーカー NC-R500

こちらの商品も2016年秋に発売されてからじわじわと人気を伸ばしています。

マイルド・リッチ・アイスの3種類のボタンがありお好みに合わせて抽出できます。

この機種だけの特徴としてはステンレスフィルター。
ステンレスフィルターが付属されているのでペーパーフィルターとの使い分けができるんです。

ステンレス製のフィルターはコーヒー粉本来の味を楽しめる淹れ方。
ペーパーを捨てる手間を省けるのでお手入れも楽ちんです。

 

——-‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

サイズ:24.5×17.0×30.0cm
本体重量:2.3kg
容量:5カップ(680ml)
消費電力:680W

詳細はこちらから(Panasonic公式HP)
http://panasonic.jp/coffee/p-db/NC-R500.html

 

この機種にはミルがついていますが、豆は自分で挽きたいので、
手動のミルで別に挽いています。買った当初は自分に知識が足りず、
試行錯誤を繰り返しましたが、そのうちやっと満足できる味になりました。
すばらしい商品に出会いました。おすすめです。

3位 パナソニック ミル付き浄水コーヒーメーカー NC-R400-C

コーヒーのトレンドを踏まえ淹れ方へのこだわりに対応し
ミルクに合うコクのあるコーヒーが楽しめる「Wドリップ」を新採用

豆の挽き分けができる「挽き分けミルサイン」も搭載。
好みのコースや挽き方が選べて、ドリップコーヒーのバリエーションが広がります。

NC-R500と形は全く一緒で、違いはペーパーフィルターということ。
それ以外の違いはありません。

カラーはレッドとカフェオレの2つあります。
NC-R500はブラウンしかないので、色のお好みで選ぶのもいいですね。

 

——-‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

サイズ:24.5×17.0×30.0cm
本体重量:2.3kg
容量:5カップ(680ml)
消費電力:680W

詳細はこちらから(Panasonic公式HP)
http://panasonic.jp/coffee/p-db/NC-R400.html

 

省スペースで、性能が安定、粉からドリップor余裕がある時は豆からスタート、
と使い分けたかった、ということで本機器に決めました。使い始めて困ったことは全くありません。
味も満足で、朝の一杯が嬉しい限りです。

1位 象印 コーヒーメーカー 4杯用 EC-TC40-TA

とにかく安くて高評価の象印モデルが欲しいならコレ!
象印の中で一番安価で人気商品です。

 

4杯分抽出できカルキ機能も搭載しておりコーヒー豆本来のおいしさを引き出します。
ひと目で分かる目盛つき「水タンク」も使いやすいようです!

 

——-‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

サイズ:25.4 x 21.6 x 26.4 cm
本体重量:1.1㎏
容量:1~4杯(540mL)
消費電力:650W

 

なぜこんな値段で出せるのか不思議です。
普通に1万円位でもしそうな雰囲気ですが…

ガラス容器だけで1500円程度はしますし、
こちらに付いてる活性炭の浄水器だけで千円もするのに元が取れるのでしょうか?
全くもって不思議です。
いつでも気軽に暖かい淹れたての美味しいコーヒーが飲めるので重宝しております。
2000円の味では無いですよ?!
加熱保温機能も便利です。
お酒の割ものとして、
お湯だけ欲しい時に沸かすといった使い方も出来るので大活躍中でございます。

2位 象印 コーヒーメーカー 4杯用 EC-CB40-TD

EC-TC40のサイド部分にミルを取り付けたバージョンです。

 

サイド部分に搭載されているコーヒーミルは
カリタ独自のミルで新鮮なコーヒーを淹れることができます。

また、ミルケースブラシがついてお手入れ簡単なのも嬉しいポイント。
ミルケースブラシを使用しないときはミルケースに収納できて便利です。

 

——-‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

サイズ:幅30.5×奥行15×高さ24.5㎝
本体重量:2.1㎏
容量:1~4杯(540mL)
消費電力:650W

 

使い始めて1か月ほどです。
まだミルの機能は使っていないので、
通常の「コーヒーを淹れる」機能について書きます。

水を入れるカートリッジは取り外せて便利ですし、
洗う際にもスポンジがすんなり入ります。
スイッチ入れて5分もかからず1カートリッジ分(マグカップ2杯分)が出来上がります。
保温機能もあります。

何にも不便ないです。
予想してた機能が予想通りに使えます。

3位 象印 ステンレスサーバーコーヒーメーカー 5杯用 EC-KT50

 

こちらは魔法瓶タイプのコーヒーメーカーです。
魔法瓶タイプのメリットはコーヒーが煮詰まらないこと。
煮詰まりを防ぐので、おいしさが長持ちします。

ステンレスサーバーだから、丈夫で割れない、しかも省エネ保温。
お手入れがしやすい6.5cmの広口です。ステンレスサーバーなので丸洗いもOK!

浄水機能、3段階濃度調節機能 、外せる水タンク構造など工夫がいっぱいです。

 

——-‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

サイズ:幅24×奥行16.5×高さ31.5㎝
本体重量:2.4㎏
容量:1~5杯(675mL)
消費電力:650W

 

朝入れたものが、おやつの時間でもまだあたたかかったです
(熱くはないですが)中の量が少なくなると保温力も落ちます。
使いやすくて良いので、買って良かったです。

コーヒーメーカーの売れ筋ランキングもチェック!

尚、現在の、コーヒーメーカーのAmazon・楽天売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

いろいろなコーピーメーカーの種類の中で、お気に入りのものは見つかりましたか?自宅やオフィスで簡単に美味しいコーヒーを飲めるのは、本当に魅力的ですよね。

 

作りたてのコーヒーを味わえるコーヒーメーカーは、コーヒー好きには必需品。コーヒーの良い香りに包まれて、楽しいコーヒータイムが過ごせるといいですね!

PAGE TOP