2018 12 Jun

スポットエアコンの選び方と使い方|おすすめ6選!売れ筋 人気ランキング【2018】

だんだんと暑くなりましたね。暑い夏を快適に過ごすためにも、今年は「スポットエアコン」を使ってみませんか?

今回はスポットエアコンの選び方やおすすめ商品をご紹介します!

スポットエアコンとは

スポットエアコンとはエアコンを取り付けずに部屋を快適にするという家電です。

どういうものかというと、工事をせずに部屋を涼しくするのです。例えば、工事が出来ない場所(賃貸や間取りを考えて)に使えます。

スポットエアコン自体がエアコンの室内機と室外機を兼ねており、それを一体化したものと考えて良さそうです。

 

設置に工事が必要となる壁掛けのエアコンでは、室内機の中にたまった水分はホースを通って室外に出されますが、スポットエアコン自体に水が溜まりますのでこまめに水を空いてるなどの管理も必要になります。

スポットエアコンのメリットデメリット

メリットとしては、工事が不要ですので購入してすぐに部屋で使うことが出来ます。

そして値段の方は、エアコンよりも安価で工事費用もいらないのでお得かもしれません。

先ほども申しましたように、スポットエアコンは室内機と室外機を兼ねているのでスポットエアコン内に水分が溜まっていきます。こまめに水を捨てないと室内が水浸しに・・・ということになってしまいますので、その点、気をつけなくてはなりませんよね。水を捨てるのは面倒という方は、ノンドレイン(水を捨てる手間がいらず、溜まった水は蒸発させてくれる)機能があるものを選ぶといいかもしれませんね。

 

そしてスポットエアコンは冷風と共にエンジンから出される温風も一緒に排出されますので部屋が暑くなる・・こともあるようです。セパレートタイプを選ぶと、熱を部屋の外に出すように配置すれば一体型のスポットエアコンよりも部屋は冷たくなります

スポットエアコンの選び方

業務用か家庭用か

家庭用はコンパクトです。業務用は大型になってしまいます。電圧も家庭用のおよそ2倍

工事現場などで使用するものなので、一般家庭で使うのならば家庭用で十分です。

選ぶ基準としてはkWが高いものが冷房能力が高いです。家庭用は1~2kwあればもう十分ですし、業務用ならば2.5kwで十分です。

欲しい機能で選ぶ

スポットクーラーは室内機と室外機の両方を兼ね備えているので水滴がスポットクーラー内にたまります。こまめにその水を捨てなければならない為、その手間をかけるのに気が進まない人がいるかもしれませんが、ノンドレインタイプ(溜まった水分は蒸発させるので水を捨てることが不要です)

 

冷暖房兼用の機能のものもありますので1年通して使うことが出来るものもありますよ。

しかし、冷房だけのものよりも値段は上がってしまいます。

除湿機能があるものもあり、ジメジメした梅雨も大活躍できそうです。洗濯物を室内に干すときも使えますからね。

サイズと大きさ

小型のものならば、幅は40センチほど。縦も80センチほどなので部屋の中でもそこまで狭くすることはないかと思います。

大きなもの(業務用など)になると幅は1、5メートル、縦は1メートルほどですのでやはり大きくなります。

排気用ホースが使用可能かどうか

排気用ダクトとも言われます。これを「つけるとスポットエアコンから排出される温風も室外に出すことが出来るので部屋を効率的に冷やすことが出来ますよね。

おすすめ商品6選をご紹介

おすすめのスポットエアコンをランキング形式で紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポットエアコンの売れ筋ランキングもチェック!

尚、現在の、スポットエアコンのAmazon・楽天売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

1位 Vacplus 小型 除湿機,700ML容量 除湿器 梅雨対策 カビ防止 自動停止機能付き お風呂場/台所/トイレ 対応

強力除湿、カビ防止

湿気に敏感な半導体が採用されており、湿気をしっかり取り除き、
湿り気によるカビやダニなどの繁殖を抑えることができ、家族の健康を守れます。

騒音レベルは35DB以下なので、生活、仕事や睡眠には全く妨げることがありません。
また、消費電力は非常に低いので使い捨てタイプよりは経済的に省エネルギー・エコな商品です。

——————–
本体重量:約1.2kg
電源:DC9V 2.5A
消費電力:23W
タンク容量:700ml
1日の除湿量:約300ml
除湿可能面積:約6~12畳
運転音:約33dB
電源コード:約1.5m

我が家には脱衣場で使っている除湿器があり、とてもサイズ感もよく除湿器も大活躍なので今まで雨の日が続く時、部屋の中干し対策で兼用で使っていましたがお風呂場のカビも気になるし部屋干し用で使用できる除湿器を別に購入したく探していました。こちらの商品に目が行きサイズ感も希望のサイズでしたので即購入しました!
商品開けると思った通りの見た目とサイズで満足でした。さっそく中干しした時に使用しましたが水がしっかり溜まりカラっとした感じがしてしっかり仕事してくれたなと見てわかる感じです。場所も一切とらないのでありがたいし、お値段もお手頃だしいい買い物しました。

2位 ナカトミ スポットクーラー SAC-407N 業務用 コンパクト エアコン

高能率なスポットクーラー

高能率なスポットクーラー

据付工事不要で屋内外どこでも設置・使用できます。
キャスター付きで移動が簡単です。
心臓部のコンプレッサーはTECO製を採用しています。
冷風ダクトは、水平方向に360度回転して調節できますのでお好みの場所に合わせてご使用いただけます。
ドレンホースで除湿水を排出する事が出来ます。

——————–
本体重量:約40 Kg
電源 100V 50/60Hz

 

外気温が高い場所での使用でも十分に冷たい風が出て値段の割りにGOOD!

3位 ナカトミ(NAKATOMI) 移動式エアコン MAC-20 スポットエアコン スポットクーラー

お好きな場所を冷房・除湿・送風可能

除湿モード:部屋の湿気を取って、結露の発生や、カビの繁殖など抑制。
コンパクト設計、キャスター付きなので簡単設置。移動も楽々。

——————–
本体サイズ:幅37×奥行34.5×高さ70.5cm
本体重量:22㎏
電源:AC100V 50/60Hz

4位 トヨトミ スポット冷暖エアコン ホワイト TAD-2218W(W)

パワフル冷暖運転だから、オールシーズンで使える

冷風時ノンドレン機構だからドレン水を捨てる手間いらず
着脱式リモコンでらくらく遠隔操作が可能です。

吸い込み口に抗菌フィルターを設置し、清潔に保ちます。

——————–
本体サイズ:87 x 48 x 36 cm
本体重量:26 Kg
電圧100 V

吸排気のダクトを部屋の外に出して、さっそく使ってみましたが ものすっごい冷えました。
そのままだと部屋に拡散しないので、扇風機を併用するとスムーズに部屋の温度が下がると思います。
吸気と排気のダクトはちゃんと出さないと冷えないので、ちゃんと設置しましょう。
買ってよかったです。

5位 ハイアール 床置型 スポットエアコン(排気ダクト付) Haier Joy Series ホワイト JA-SPH25E-W

床置型 スポットエアコン

床置型 スポットエアコンです。

——————–
電源電圧:単相100V(50/60Hz共用)
定格冷房能力(50/60Hz):2.2/2.5kw
ドレン用水タンク:20L
冷媒:R410a
排水方式:ドレン

6位 山善(YAMAZEN) ミニスポットエアコン (単相100V) キャスター付き YMS-183

必要な場所を効率よく空調

据付工事不要で屋内どこでも使用可能です。
コンパクトなミニサイズでキャスター付きだから、
冷却が必要な場所へ移動してパワフルに冷風を送り出します。

——————–
本体サイズ:幅47.5×奥行27.5×高さ61cm
本体重量:約23kg
電圧:100V(50/60Hz)
消費電力:50Hz(600W) 60Hz(675W)
定格電流:50Hz(6.70A) 60Hz(6.85A)
冷房能力:50Hz(1.7Kw) 60Hz(強1.8Kw)

 

二階のパソコン部屋で使うために買いました。この部屋は95年の震災で傷み、隙間だらけに。そのため、壁に取り付けるエアコンでは電気の無駄遣いになる。それに一人だから部屋全体を冷やすひつようもなく、パソコンに向かう自分だけ冷えれば十分。電気代も1時間18円くらいなら安い。しかも何時間も使うわけではなく、汗が引いたら扇風機に切り替えるから電気代は無視できるほど。ただ、うかつだったのは、強弱の切り替えがないこと。オン、オフだけしかなく、オンにすると瞬間に冷えて結構ですが、音がやかましいのです。なぜ強弱のセレクトの有無を確認して注文しなかったのかと、少し後悔していますが、前述のように汗が引けば扇風機に切り替えるから、オンにしても短時間で切るから良いとしたい。

スポットエアコンの売れ筋ランキングもチェック!

尚、現在の、スポットエアコンのAmazon・楽天売れ筋ランキングは、以下のリンクから確認してください。

まとめ

スポットエアコンを賃貸の窓に設置しているのを見たことがあります。

確かに、賃貸で工事が必要となるとクーラーを設置出来ないこともあるでしょう。

そんなときはこのスポットエアコンを設置すると工事の費用やエアコンの購入費用も朝得ることが出来ますよ。我が家も、小さな和室(4,5畳)の和室に今年はクーラーを購入しようと思っていたので、さっそくスポットエアコンの購入を視野に入れようと思います。

やはり、ノンドレインタイプでダクトをつけられるものがいいですね!

PAGE TOP