2018 18 Jul

ペットケージの選び方と使い方|おすすめ5選!売れ筋 人気ランキング【2018】

近年、世界中でペットブームが起きています。

かつては犬や猫がペットの対象ではありましたが、最近ではほかにもたくさんの種類のペットがいますよね。

余談ですが、先日、ペットショップに行った際にワラビー(カンガルーの小型のような生き物)がいたのには驚きましたとっても可愛かったのですが、生態を良く知らず飼うことは出来ないままでいます・・・

さて、今回は、ペットを飼育するにあたり必要なのか、そうではないか迷うもののひとつであるペットゲージについてお話ししていきたいと思います。

 

ペットゲージの必要性

はたして、ペットゲージって本当にいるものなのでしょうか

ペットの種類にもよりますよね。例えば、魚やカメにはもちろんペットゲージというよりも水槽が必要ですから。今回は、犬を飼うことをメインで考えていきましょう。

ペットゲージは犬にとって自分の空間になります。子犬の時ならば、ゲージがあった方が自分だけの空間があることで落ち着く場所にもなりますし、少し大きくなった犬でも少し、部屋を空けて出かける時にはゲージに入れておくと部屋を荒らすという心配がなく安心芦手出かけられます。

絶対に必要!ということはありませんが飼い主さんの部屋に置くスペースがあるならばペットゲージを用意してあげるといいかもしれませんね。

ペットゲージの種類

ケージタイプ

ゲージタイプとは犬の小さな家と考えて良いです。壁が網目状になっていたりして中を見て犬の様子を見ることが出来ますが、四方を囲まれているゲージなので犬は安心してくつろぐことが出来るでしょう。もちろん屋根部分もありますので犬の部屋ですね。

サークルタイプ

さきほどのゲージタイプとは異なり天井はありません。床と壁のみです。

犬の大きさに合わせた壁の高さにしなくては身軽な犬ならゲージを飛び越えて出てきてしまいますよ。天井部分がないぶん、モノの出し入れはしやすいです。

クレートタイプ

主に移動用に使われるタイプのゲージです。

完全に壁で覆われており入り口が網目になっているものが多いですね。

車に乗せる際もこのゲージを使うと犬と一緒にお出かけがしやすいですね。

トイレセパレートタイプ

トイレの部分と居住スペースが区切られたタイプのゲージになります。

犬にとっても衛生的ですし、トイレトレーニングもしやすくトイレの掃除もしやすいです。

屋外用

屋外で飼育しようと思っている方は、こちらを使用しましょう。屋内用よりも丈夫ですし、アルミなどの金属製で出来ていますので長持ちしますよ。

DIYで手作りペットケージ

自分で作ってみることも出来ます。もちろん、道具をそろえたり、材料の調達や木材などのカットも必要ですが、最近ではホームセンターなどで作り方の相談もできます。

まずは犬の大きさに合ったものを作りたいときは犬の体長の2倍程度の大きさであること、

サイズをしっかり測っておきましょう。

材料ですが、もちろん木材でもいいですが子犬の場合、我が家ではゲージの柱を噛んで壊してしまうこともあったため、金属製のものがいいかもしれません。

ペットゲージの選び方

大きさ

大は小を兼ねるはこの場合通用しません

ゲージは犬をただ入れておくためのものではないからです。犬にとって落ち着く場所になることが重要です。そうでなければゲージ自体が犬にとってストレスになってしまいますし、そうなるとゲージにも入ることはなくなってしまいますからね。犬の体調の2倍ほどあれば十分でしょう。

ようするに犬がそのゲージの中で移動することが出来るか、ゆったり伏せが出来るか、です。

掃除のしやすさ

掃除するのは飼い主の役目です。清潔にしれあげないと犬は病気にもなりやすいですし、部屋も汚く匂いも出てきてしまいますからね、

ゲージに天井があっても簡単に外れるか、確かめておきましょう

デザイン(インテリアにマッチするか)

ナチュラルなインテリアがお好みならば木製タイプのゲージもありますし、色も様々な物がありますからご自分のインテリアに調和するものを探してみるのも楽しいですよ。

おすすめ商品5選をご紹介

おすすめのペットケージをランキング形式で紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1位 アイリスオーヤマ 折りたたみソフトケージ Lサイズ POSC-800A

コンパクトに折りたためるソフトケージ

組み立てが簡単で、コンパクトに折りたためるソフトケージです。
外出先や、急な来客、災害時の緊急対策にも便利です。
汚れをふき取りやすい内側PVC加工です。
別売りの給水ボトルが取り付け可能です。
メッシュ部分がファスナーで開閉でき、ロールアップして固定できます。上からの出し入れが可能です。
ロールアップして脱着テープで留められる側面扉付きです。
シートベルトで簡単に固定ができ、ドライブの時も安心です。(後部座席)

—————————————-
本体サイズ (幅X奥行X高さ) :80×51.5×66cm
本体重量:1950g
原産国:中華人民共和国

 

台風の時にうちに遊びに来る野良猫を保護するのに購入しました。
ネコ1匹入れるのにちょうどいいサイズで、普通サイズの猫トイレとネコベットを並べて入れられます。
周りがメッシュになっていて、ファスナーも付いているので中を見るのも物を取り出すのも便利です。
簡単に畳めて、必要ない時にはコンパクトに収納できるのでとてもいいです。
ハードなゲージより温かみがあるように思えます。

2位 アドメイト (ADD. MATE) ヴィラフォートサークル レギュラー

シーツ破れ防止カバー付

飛び出し防止に便利な屋根面。
シーツ破れ防止カバー付わんトレー。

—————————————-
本体サイズ (幅X奥行X高さ) :135×10×72cm
本体重量:17.5kg
原産国:マレーシア

 

ジャックラッセルテリアの仔犬用に購入しました。トイレトレーニングはバッチリできましたが、成長に伴ってトイレスペースが狭くなってきたので左側のスペースをペットシーツのみにしたところ床の出っ張りを全部かじりとり穴が開いてしまいました。凸凹になった床は危ないので、今は市販のスノコを敷いていますが、元気なジャックラッセルテリアには手狭になったので、今はトイプードルが使っています。

3位 アイリスオーヤマ リラックスケージ ベージュ 小型犬向け

消臭・抗菌加工済みの水洗いが可能な布カバー付き

くつろぎの空間を提供するケージです。
消臭・抗菌加工済みの水洗いが可能な布カバー付きなので安心・リラックスできます。
天面が開くのでお世話がしやすく、プラスチック製本体でキャスター付きです。

—————————————-
本体サイズ (幅X奥行X高さ) :67.4×51.5×56.5cm
本体重量 :6202g

我が家はトイプードルですがサイズ的には少しゆとりもあってちょうど良かったです。
作りもしっかりしていて組み立てもバラシも比較的簡単です。
あとカバーがあるおかげで犬も安心して眠ることができ、お客様が来た時など隠しておけるのでとても良いです。
匂いも閉じ込められるでとても重宝しています。

4位 リッチェル たためる3WAYペットケージ 520(52×42×40cm) ブラウン

持ち手付きなのでラクに持ち運びができます

お出かけ中ずっと助かる!水分補給もできる優れもの。
持ち運びに、ドライブに、移動先で、3通りの使い方ができます。
持ち手付きなのでラクに持ち運びができます。
前面扉と天面扉は、巻き上げて固定することができます。
扉ファスナーとフックをつなげると、ペットが内側から開ける心配がありません。

—————————————-
本体サイズ (幅X奥行X高さ) :52×42×40cm
本体重量 :2700g
原産国:中華人民共和国

3kg台のパピヨンを車で連れ出すときのために購入しました。立ち上がれないような小さなバッグに長時間入れておくのがかわいそうだったものですから。組んで部屋の片隅に置いておいたところ、時々勝手に入って寝ています。もともと使っていた鉄格子の一回り大きいケージとこのリッチェルと、さらにフローリンガやカーペットの上と、我が物顔で渡り歩いています。車移動のためには、もう一回り小さいものでよかったかもしれませんが、結果的にはこのサイズでよかったと思ってます。

2582%25B0%25E3%2583%2583%25E3%2582%25BA%2520%25E3%2583%259B%25E3%2583%25AF%25E3%2582%25A4%25E3%2583%2588" target="_blank" rel="nofollow" >Yahooショッピング

5位 【 継ぎ足し可能 】 ペット用品 ジョイント式 ペットフェンス【 ケージの形が自由に決められる 】 取り付け 簡単 ペットフェンス ケージ 犬 柵 ペット ペットガード 【 6枚セット 】 SD-PETFENCE-6

設置するお部屋に合わせてお好みでレイアウト変更が可能!!

手軽なジョイント式のペットフェンス。
コネクターでジョイントするだけで簡単に組み立て可能!!
設置するお部屋に合わせてお好みでレイアウト変更が可能!!

タテヨコの向きを変えれば広いフェンスにも、高さのあるフェンスにも変更ができます。
—————————————-
本体サイズ 約70cm×0.4cm×50cm
本体重量 :(パネル1枚 )約380g

 

我が家の愛犬のボーダーコリーのトイレ周りの囲いのために購入しました。
組み立てやすく、分解しやすく、弱すぎないつい立みたいのが欲しかったのでこの商品を選びました。
愛犬は体重20キロのオスで、中型犬サイズです。また、雄のため脚をあげるのでトイレシーツをパネルに洗濯バサミでとめることによって周りへの飛びハネによる汚れ防止などの効果も発揮してくれてます。
組み立ては多少は力を使いますが、特に問題無く女性でもできます。大きすぎず扱いやすく片付けやすいところもいいです。

まとめ

我が家の場合ですがラブラドールを買っていてもゲージは6条の部屋でもそこまで大きいと感じることはありませんでした。しかし、始め木製のものにしていたため子犬の頃、ガージを早々にダメにしてしまったのです。

そのとき、素材もしっかり考えなくてはいけないなぁと思ったのです。

そしてやはり屋根がないタイプの方が飼育はしやすいです。

トイレと住居用スペースは分かれていたものだったのですが、住居用スペースの半分の大きさの板を上においておもちゃやペットシートを置いていましたよ。

そんなアイディアもありますよ。

TOP
MORE
PAGE TOP