2018 07 Aug

プロジェクタースクリーンの選び方と使い方|おすすめ6選!売れ筋 人気ランキング【2018】

プロジェクタースクリーンというものをご存知でしょうか?

プロジェクタースクリーンとは、簡単に言うと映画館にあるスクリーンと同じ機能を果たすものです。

プロジェクターという機械から映像をスクリーンに映して使用します。

家庭で映画館気分が味わいたいと思う方や、会議なんかでも使われますよね!!

今回は、実はたくさんの種類があるプロジェクタースクリーンについてお話しいたします。

プロジェクタースクリーンの選び方

プロジェクターのタイプは4つあります。

自立型

専用のスタンドを使いスクリーンを立てて使うものです。

取り付けしなくていいものなので、持ち運びにも適しています

価格も低価格なものがあるので、始めに選択肢の一つに入れる方も多いでしょうね。

床に置いて使用するものなので使用するスペースは必要ですね。

電動スクリーン

電動でスクリーンを出し入れできるタイプです。

出したままにしておくとスクリーンが色あせたり、汚れたりしてしまいますので固定されたケースの中にそのまま電動で巻き取り保管できますよ。

保管ケースは壁部分に固定するものなのですが、どうしても大きなもの、重量があるものになります。また、電動ということで値段は高いものが多いです。

手動で巻き上げるタイプ

こちらは電動と違い、スクリーンの下にある紐をひっぱるとクルクルと手動で巻いて収納できるものです。

電動のものよりも軽いですし、簡単に設置することが出来ます。

価格も電動のものと比べても安価なものになっています。

タペストリータイプ

巻き上げえる機能や収納の機能がなく、壁にかけっぱなしにして置くタイプになります。

壁にだけのタイプなのでほかの部品がなく軽く持ち運びはしやすくなっています。

プロジェクタースクリーンの自作

いくら低価格なプロジェクターはあると言っても、出来るならそこまでお金はかけたくない、というのは本音のところ。

では、プロジェクタースクリーンは自分で用意する、自作することが出来るものなのでしょうか。

 

必用なものは

 

白い布(ナイロンのものが最適です)

の裏を覆う黒い布(白のスクリーンが透けないようにするためです)

棒2本(スクリーンの上下につけます。針がこのことを出すことが出来ます)

 

フックやネジで壁に固定します。

以上はホームセンターや手芸店でそろえることが出来ますよ。

用意するものはこのくらいなのでご想像の通り、購入すると安いものでも1万円ほどのプロジェクタースクリーンも、3000円くらいで作ることが出来ます。

コツはしわを作らないようにすることです。

おすすめ商品6選をご紹介

おすすめのプロジェクタースクリーンをランキング形式で紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

1位 サンワサプライ プロジェクタースクリーン(壁掛け式)(16:9) 60型相当 PRS-KBHD60

シンプルな壁掛け仕様のプロジェクタースクリーン

使用しないときはスクリーンを巻いて収納できます。
オプションの三脚を使って、簡易三脚式として使えます。
—————————————
商品の寸法 幅 × 高さ 141.9 x 89.2 cm
商品重量 2 Kg

映画やゲームを大画面で楽しむために買いました。
普段は天井から吊していますが、別途三脚も購入しようかと思っています。

手動巻き取りなので、使用しないときにはくるくるまいて、マジックテープで固定できるようになっています。
シミや、汚れ、よれ、金具の不備等はありませんでしたが、一部テープ部がほつれていたので、☆-1。通常の使用には問題ないので、見た目の話しです。

シンプルな商品だけに、長く愛用できます。映りは普通です。初めて買うには問題ありません。

2位 プロジェクタースクリーン 80インチ 4:3 壁掛け 掛け軸 タペストリー 吊り下げ 収納 大型 EEX-PSK-80

引っ掛けるだけの簡単設置で壁掛け・吊り下げて使える

80インチ(4:3)対応のプロジェクタースクリーンです。
引っ掛けるだけの簡単設置で壁掛け・吊り下げて使えます。
—————————————
商品の寸法 W1690×D32×H1270mm
商品重量 2.3kg

3位 プロジェクタースクリーン 60インチ 4:3 壁掛け 掛け軸 タペストリー 吊り下げ 収納 大型 EEX-PSK-60

60インチ(4:3)対応のプロジェクタースクリーン

使用しないときはスクリーンを巻いて収納可能です。
金具などを使って天井や壁に設置できます。
※壁や天井に取付けるためのフックなどの金具は付属していません。
—————————————
商品の寸法 W1260×D32×H950mm
重量:1.5kg

4位 プロジェクタースクリーン(壁掛け式)(16:9) 80型相当 PRS-KBHD80

シンプルな壁掛け仕様のプロジェクタースクリーン。

シンプルな壁掛け仕様のプロジェクタースクリーン。
オプションの三脚にも対応。
—————————————
商品の寸法 W1876×D28×H1146mm
重量:2.6kg

5位 プロジェクタースクリーン スクリーン モバイル 投影用 会議 教室 適用 軽便 ホームシアター 映画 洗濯可能 吊り下げ式 フック式 ハンドプル ローリング式  (60インチ4:3 120x90cm)

どこでも簡単設置の折り畳み式スクリーン

使用場所にかかわらず、どこでも簡単設置の折り畳み式スクリーンです。
少人数での打ち合せや会議におすすめ。
営業に持ち歩いてその場でプレゼン環境が作れます。
それ以外、学校・学習塾の授業やホームシアターなど様々なシーンにも最適です。
—————————————
商品の寸法 134x 75cm 4:3 120x90cm
重量:2.5kg

6位 プロジェクタースクリーン 三脚式 75型相当 PRS-S75 家電 テレビ ・ラジオ ab1-1103720-ak

コンパクトに収納でき、持ち運びも簡単

三脚一体型のプロジェクタースクリーンです。
スクリーンの高さや位置が調整可能、傾きは2段階に調節できます。
コンパクトに収納でき、持ち運びも簡単です。
—————————————
重量:7.2kg

まとめ

プロジェクタースクリーンが自宅に置くことは少ないかもしれませんが、私は自宅にスクリーンを置くことに憧れますね。

自宅で使うものなので用途は限られますが、映画を見たり、好きなアーティストのライブ映像を見たりしたいですね。

ビジネスで使われる方は、電動で収納できるものが手を煩わせずに使用するかもしれませんね。

PAGE TOP