2018 26 Nov

【メルカリの売上はどうやって入ってくるの?入金確認は?】

メルカリで商品が売れた場合、その利益はどんな風にして入って来るのか?気になるところですね。

らくらくメルカリ便などを活用して購入者へ発送するわけですから、名前や住所も知ることなく取引ができる魅力があるメルカリですが、実際に、入金されたかどうかというのはとても心配になる点です。

今回は、メルカリの売上金について、入金確認をする方法売上金のポイント交換振込申請有効期限、売上金の振り込みスケジュールを詳しく説明して行きます。

メルカリでの売上金とは?

メルカリで出品した商品が売れるとします。

そうすると、メルカリの手数料10%を差し引いた分が出品者の利益になります。

5,000円の商品が売れた時には、手数料10%の500円を差し引くと、4,500円が売上金となるわけですね。

 

この売上金は、メルカリで他の商品を購入する時にもポイントに交換することで使えます

もちろん、希望の口座に振り込んでもらうこともできます。

 

自宅で持て余していたものが、誰かの元で喜ばれるようになることも嬉しいものですが、実際に売上金として手元に入るのもやりがいがあるものですよね。

メルカリで出品者が入金確認をする方法

メルカリで出品者が、購入者から確実に入金されたかどうかも気になる点でもあるでしょう。

 

まず、メルカリの取引を簡単に見ていきますね。

 

購入者がメルカリへ支払いを完了

商品を出品者が発送し、購入者が受け取りをすれば取引が完了

 

出品者はメルカリで売上金を得る

 

商品を発送してください」という通知が来た時には、入金されているという確認になります。

初めての方だと、本当に入金が完了しているのか気になるところですが、メルカリの取引の流れを把握した上で、この通知の意味を知ると納得が行きやすくなるのではないでしょうか?

 

逆に、「商品を発送してください」という通知が来る前に、発送しないということを覚えておくのが鉄則ですね。

メルカリの利用に不慣れな間は、発送を焦ってしまったという経験の方も少なくありません。

落ち着いて発送するためには、上記の通知を確認してから行うようにしましょう。

 

売上金をポイント交換する

売上金は、2017年12月からメルカリで商品購入ができなくなりました

しかし、売上金をポイント交換すれば、メルカリで商品を購入する時にも使えます

 

つまり、売上金をポイントに交換することはできるのですが、逆に、メルカリで貯まったポイントを売上金に交換することはできないわけです。

 

売上金をポイントに交換するときには、メルカリでの商品の購入に使う目的がある際に活用できます。

現状で使う目的がない時には、売上金の有効期限まで貯めておいて口座へ振り込んでもらうようにしましょう。

 

 

売上金を口座へ申請する

メルカリで売上金を口座へ振り込んでもらうように申請する方法を説明しますね。

 

アプリの設定から行って行きます。

売上・振込申請→振込申請で、必須項目に入力して行きます。

 

ただしこの時、手数料が発生する場合があるので注意しましょう。

10,000円未満 手数料210円

10,000円以上 手数料無料

 

この時、手数料がかからなくなるためには10,000円以上貯まってから振込申請をするのがお得だと考えますよね?

でも、売上金には有効期限があることも注意しておかなければなりません。

 

有効期限が近いという通知があった場合には、振込申請を期限前に行っておくようにしましょう。

 

売上金の有効期限はいつまで?

メルカリ売上金の有効期限は、180日です。

今回、有効期限が長く設定されるようになったからです。

 

9月26日までは、有効期限は90日でした。

わずか3ヶ月だと、メルカリの使用頻度が少ない人であれば、売上金の有効期限内に使う目的が見つからないことも考えられます。

売上金の金額が少なめであれば、振込申請を先延ばしにしてしまう方が多いでしょうが、有効期限まで振込む必要があるわけですから、10,000円未満の手数料は発生してしまうわけです。

 

 

こうした、売上金の確認もアプリの設定でできますよ。

設定→売上金の欄で、手軽に有効期限の確認ができます。

売上金の有効期限を過ぎたら無くなるの?

売上金の有効期限が180日になったものの、それ以降になればせっかく得た売上金が無くなってしまうのかという疑問が湧いてきますね。

 

口座を登録しておけば、売上金が自動で振り込まれま

有効期限を過ぎても失効してしまうことはありません。

ただ、口座を登録していない人の場合には、そのまま失効してしまうので注意をしてください。

 

もちろん、いきなり失効してしまうのではなく、メルカリから事前に通知が来ます。

ただ、他のネットショッピングのポイントの有効期限の感覚だと、買い物を年に数回しかし無い方でも有効期限が延長されていくので、あまり失効を気にすることもありません。

メルカリは、売上金という性質上、やはり期間は180日に設定されているということを意識しておく必要があります。

売上金をポイントに交換した時の有効期限は?

一方、売上金をポイントに交換した場合には、有効期限が1年と長くなります。

メルカリを継続して使う人であれば、こちらを選んでおくと有効期限が口座振込の倍の期間に長く出来るようになります。

 

売上金の振り込みスケジュール

メルカリで振込申請を行うスケジュールは、毎週月曜日が締め切りです。

それから4営業日後に振込が完了されるようになっています。

 

ですから、祝日がない場合には、金曜日に入金されるようになります。

 

スケジュールが評価を受けているのは、週末までに入金されるという仕組みになっているからです。

週末は、何かとお金が手元に入るというのは誰でも嬉しいことですからね。

メルカリで、初めて商品が売れたときに、実際に、入金されているかどうかというのもこのような方法で手軽に確認することができます。

また、売上金を貯めて、メルカリでポイント交換することもできますし、手元へ利益を現金で受け取るためには振込申請ももちろんできます。

個々の使い道を考えて、ポイント交換・振込申請を選んでみましょう

実際、自分の手持ちのものが商品として売れるというのはとても嬉しいものです。

せっかくの売上金を無駄にしないためにも、メルカリの売上金のルールの最低限をマスターした上で活用してみませんか?

PAGE TOP