2019 12 Feb

ラクマで値下げ交渉された時の対応と断り方

ラクマで商品を出品していると、値下げ交渉されることがよくあります。

 

値下げ交渉されて初めてどう対処するか?と戸惑ってしまうこともあるでしょう。

 

今回は、ラクマで値下げ交渉をされた時の対応法断りたい時の対応価格変更を行う方法について説明していきます。

 

ラクマの値下げ交渉とは?

ラクマで出品をすると、ユーザーから値下げをして欲しいという通知が来ることがあります。

 

ラクマの規約等で値下げ交渉への対応が必須というわけではありません。

あくまでフリマアプリならではの慣習のようになっているものですので、個人の判断にゆだねられます。

 

フリマアプリということもあり、気軽に値下げ交渉してくるユーザーは実際に多いです。

これから、ラクマを始める方は、ルールとして決まっているわけではないけれど値下げ交渉がありうると思っていた方が良いでしょう。

 

値下げ交渉をされたら

ラクマで出品するときに商品の価格設定をするのは、出品者本人の判断です。

相場や商品の状態から見て適切な値段をつけることができるからです。

 

 

新品同様のもの、未使用のもの、状態の良いもの、使用感のあるものなど、様々な商品が出回っています。

 

出品者が思う価値とは違い、購入者はできるだけ値段を安くして欲しいという思いがあるので、値下げ交渉されてもおかしくないでしょう。

 

このとき、値下げ交渉に応じるかどうかを決めているユーザーも中にはいます。

慣習のように、フリマアプリでは商品の性質上、値下げ交渉はあるものと認識されているため、購入者は交渉を始めて来るでしょう。

その時に、「値下げには一切応じない」と毅然とした対応をしている出品者もいます。

 

値下げ交渉に応じるか応じないかは、出品者の判断で対応できるからです。

 

けれども、個人間の取引なので値下げ交渉をされた時の対応を決めておくと、いざ、交渉された時に重荷に感じることもなくなるのではないでしょうか?

 

値下げ交渉に応じた時の対応

出品者は値下げ交渉に応じた時にどれくらいの値下げだったら可能かということを想定しておくといいでしょう。

 

  • わずかな値引きならOK
  • 送料分の値引きならOK
  • 1割値引き程度ならOK
  • リピート買いしてくれる方には値引きOK
  • 特定の商品でなら値引きOK
  • 値引きには一切応じない

 

そのためには、事前に商品の説明文プロフィールに、値引き交渉に対しての対応を書いておくと親切ですね。

 

けれども、説明文やプロフィールを熟読していないユーザーもいるのは確かです。

 

値引き交渉をされた時には、「説明文にありますように、値引き交渉の際には条件がございます。」は「プロフィールに記載しておりますが、できるだけ安い価格設定をしておりますので値引きには応じることができません。ご了承ください。」というような書き方であれば、やわらかいニュアンスで対応することができるようになります。

 

値下げ交渉を断りたい時の対応

値下げ交渉をしてくる購入者に対して、気持ち程度の値下げなら応じることも考えらますね。

 

しかし、常識では考えられない程度の大幅な値下げを要求してくる購入者も中にはいます。

あやふやな対応をしていると、しつこく値下げ交渉を強引に迫られることもあるでしょう。

 

基本的に、値下げをしない場合は、はっきりとその意志が伝わる文言が必要になります。

 

  • 値下げ交渉についての説明文に記載しておきたい例文

「大変申しわけございません。値下げには、応じておりません。

「こちらの商品について、今現在では値下げを考えておりません。

「この価格よりも値下げをすることはできません。

 

説明文に記載をしていても、関係なく値下げ交渉をしてくるユーザーもいるのは確かです。

 

あまり神経質になることなく、フリマアプリの性質上、このような対応はあるものだと考えて対応するのがストレスになりにくいですね。

 

  • プロフィール必読と書いているのに値下げ交渉された場合

 

値下げ交渉に応じないなどさまざまな個人的な取り決めを、プロフィールに書いている方もいます。

その上、「プロフ必読!」という記載をしていることも珍しくありません。

 

けれども、これは購入の際に「プロフィールを必ず読んでおいてくださいね」というもので、このユーザーから購入したからといって、値下げ交渉をしてはいけないルールが適用されるわけではありません。

 

商品の状態や価格、配送方法、支払の方に意識がいってしまうことが多いので、プロフィールの隅々まで目を通すユーザーは少ないと考えておいた方が良いですね。

 

  • 値下げ交渉で気持ちよく断る方法

 

値下げ交渉で気持ちよく断るには、単刀直入で「値下げに応じることはできません。」と伝えると角が立ってしまうものです。

まずは、商品に興味を持ってくれたことに対して感謝の気持ちを伝えるために、「コメントをくださってありがとうございます。」とひとこと添えましょう。

 

今回はご意向に添えなくて、すみませんでした。

またの機会に、ご利用いただければ嬉しいです。

 

というように、心地良く伝わる内容にしてみましょう。

 

値引き交渉をしてきた購入者も、ラクマの出品者であるわけですので、こうしたマナーを意識した断り方であれば、納得してくれる方が大半です。

 

値下げ交渉で価格変更を行う方法

値下げ交渉に応じたら、商品の価格を変更しておかなくてはなりません。

 

しかし、値下げ交渉をした人以外が購入してしまうかもしれません。

せっかく、値下げ交渉を成功させた人は、何のための交渉だったのかとがっくりきてしまいますね。

 

出品者にとっても、交渉したユーザーを裏切ったことになりかねません。

 

そのような場合、二つの方法で対処しましょう。

 

  • 専用出品を行う

先程述べたような事態にならないために、値下げ交渉をしたユーザー専用の出品を行うと安心です。

 

 

専用出品は、ラクマなどフリマアプリで正規のルールではないのですが、広く行われています。

双方のメリットのためにも、専用出品を行っておくのもおすすめです。

 

 

  • 「購入申請あり」で出品している場合

 

ラクマで出品するときに、「購入申請あり」という設定があります。

 

 

値下げ交渉した商品が、「購入申請あり」で価格交渉している場合には、他のユーザーが申請した場合には、承認しなければ購入されることはありません

 

専用出品が禁止されているので、特定の人に購入を認める場合には、「購入申請あり」を選んでおけば無難です。

 

まとめ

出品した商品に興味を持ち、購入者が値下げ交渉をすること は、それだけ反応があるということなので嬉しい反面、値下げにはあまり積極的に応じたくない価格設定にしていることもあるでしょう。

 

ラクマで出品を始めると、こうした値下げ交渉をされてしまうことも珍しくありません。

その時になって考えるよりもあらかじめ想定しておけば、スムーズに応じられるようになります。

 

心地よい取引を成功させるためにも、値下げ交渉のコツをマスターしておくことをおすすめします。

 

PAGE TOP